とても嫌なインプラント歯周炎という病気

とても嫌なインプラント歯周炎という病気が存在します。これは二つの異なる歯周炎に分類されます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。それから進行形のインプラント周囲炎です。症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎が痩せ細ったりが主な症状です。インプラントにはメリットとデメリットがあります。メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。

そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。

また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。反対にデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。

場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。

さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療ができません。長くインプラントをしていくためにも、必然的に忘れないでほしい内容があります。それはインプラント治療を行う前に、歯をボロボロにしてしまう歯周病の治療をあらかじめ完全に済ませて置くことですね。そして次にインプラント手術後もインプラントの周囲のクリーニング(定期検診)を受けてチェックしてもうらことです。
もしも定期検診などを怠るとインプラントが抜けてしまうインプラント周囲炎の怖い病気になります。

歯周病とかで抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療が選べれます。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

それに場所によっては銀歯になります。
けれども手術もいらず、治療期間もそれほど短いというメリットがブリッジにあります。次の入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという良くない点があります。

それから、最近注目を浴びているインプラントより金が掛かる自由診療で、手術がいるし長期の治療期間になるデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、咀嚼能力も最も良いというメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。

そもそもインプラントってどんなものかというと、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品からの構造としてできています。

インプラントの種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプのタイプの種類があります。
インプラント治療をしている歯科医院を見極めるポイントはあります。まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、インプラント自体のメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを具体的にに説明している医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

おすすめインプラント治療サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加