大変怖いインプラント歯周炎という病気が存在します。こ

大変怖いインプラント歯周炎という病気が存在します。

これは進行状態によって2つに分けられます。一つ目は初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。
二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。主なインプラント周囲炎の症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。

インプラントの造りは、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという主に三つの部位からの構造としてできています。
次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二つがあります。インプラントのクリニックをチョイスする大切なポイントが当然あります。
まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。

次に、きちんと他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、費用や保証や治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院か?です。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。インプラント治療法には良い点と悪い点があります。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。
そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。また異物感はないです。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。

デメリットでは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。またメンテナンスが大変です。さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。

インプラントを長持ちさせるためにぜひ知っておきたい大切なポイントがあります。それはインプラント治療開始前に、どんどん歯が抜けていく歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。

それから次にインプラント手術後もメンテナンスを受診することです。でも、メンテナンスを受けなかったらある日インプラントそのものが抜け落ちる恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。抜歯した後は、治療方法には3つが選択できます。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。
ブリッジというのは健康な歯を削るなどして犠牲にします。
そして、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。でも、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるなどのメリットがあります。入れ歯の方では、メリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、異物感などで慣れず、咀嚼能力が大きく低下してしまうというデメリットがあります。

3つ目に、インプラントは自由診療のため高額になり、外科手術必要でかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるのだけれども、審美性は抜群に高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加