歯が抜けたあとは、概ね3つのパターンで治療

歯が抜けたあとは、概ね3つのパターンで治療が選べれます。
それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジ治療は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。
それと、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。
しかし外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるといったメリットがあります。
入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、違和感があり、咀嚼能力が大きく低下してしまうというデメリットがあります。3つ目に、インプラント治療ではより金が掛かる自由診療で、手術がいるし長期の治療期間になるデメリットがあるんだけども、審美性は抜群に高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットなので、医院でも勧められえています。ずっとインプラントをしていくためにも、必ず知っておきたい大切なポイントがあります。それはインプラント治療を行う前に、いろいろな病気を生む恐れのある歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。
そらから、インプラントした後でもや日頃のお手入れクリニックの定期検診を受けてチェックしてもうらことです。

もし埋入しただけで後は放置しておいたりしていると最後にはインプラント自体が抜けて取れてしまう恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。

インプラントの造りは、人工歯根をその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという部品からの構造としてできています。インプラントの種類では人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二つがあります。インプラントには良い点と悪い点があるのです。
メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。

次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。また異物感はないです。さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

逆にデメリットでは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。
そして手術が伴います。また定期的な健診がいります。
さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。

とても嫌なインプラント歯周炎があります。

この歯周炎は2つの病気に分類されます。
第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラント周囲粘膜炎というものです。それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりが挙げられます。

インプラントのクリニックをチョイスする大切なポイントはあります。

おすすめインプラント治療サイト

まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかです。
次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、値段や治療期間なんかを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院か?です。最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院かどうかも非常に大切な選項目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加