インプラント周囲炎という病気が存在します。この病気は進

インプラント周囲炎という病気が存在します。

この病気は進み具合によって二種類があります。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。

それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりする症状があげられます。インプラント治療する歯科医院を見極めるポイントは確かにあるでしょう。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師かどうかです。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかですね。それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。
そもそもインプラントは良い点と悪い点があります。
メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。デメリットは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。

またメンテナンスが大変です。さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。インプラントをずっと使い続けるためにも是非解っておきたいことがあります。それはインプラント治療開始前に、様々な病原菌を作る歯周病治療をきちんと完全に終了させておくことです。それからインプラントの治療した後でも放置しないよう歯科クリニックのメンテナンスを受けてチェックしてもうらことです。

もし毎日の歯磨きや定期検診を怠ると人工歯根が抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。

虫歯が抜けた後、基本的に3つのやり方での治療が選べれます。

それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジ治療はやはり他の歯への影響があります。それに加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。
しかし、手術もいらず、治療期間もそれほど短いとのメリットがあるのです。入れ歯はまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼能力が低いという欠点などがあります。最後の治療法の最近注目を浴びているインプラント費用が他よりも高額で、外科手術をしなければならず治療期間は長めという欠点があるのだけれども、他の治療法よりも審美性が最も高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあります。

そもそもインプラントってどんなものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という3つの部位からなる構造です。
次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのタイプの種類があります。

おすすめインプラント治療サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加