インプラントの造りは、人工歯

インプラントの造りは、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠からなる3つの部位でできた造りになっているのです。
また、代表的なインプラント種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの2種類です。

長くインプラントをしていくためにも、ぜひ知っておかなければならない大事なことが存在します。
それはというとインプラントをする前に、実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をきちんとしておくことです。
そらから、埋入した後でも定期的なメンテナンスをしてもらことです。

もし埋入しただけで後は放置しておいたりしているとインプラントが抜け落ちてします事態に陥ってしまいます。

歯が抜け落ちた後、3つのやり方で治す方法が選べれます。
ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。
ブリッジというのは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

また、部位によって銀歯になる可能性があります。

でも、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットがブリッジにあります。入れ歯はメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、異物感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点などがあります。
最後の治療法の最近注目を浴びているインプラントインプラント自体が高額で、外科手術必要でかつ長期間の治療を生ずるというデメリットがあるのだけれども、他よりは審美性が良く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。インプラントの場合にはメリットとデメリットがあります。メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。

次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。

それから、インプラントはブリッジや入れ歯と異なって、異物感がないのです。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。
ではデメリットの方では、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

そして手術が伴います。

また、メンテナンスをしないといけません。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。インプラントのクリニックを選定する大事なポイントが当然ながらあります。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかです。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、保証や価格・治療期間等を患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックかどうかということです。
それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。

おすすめインプラント治療サイト

インプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。これは2つに分けられます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラント周囲粘膜炎というものです。それから進行形のインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎での症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりが主な症状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加