インプラント(人工歯根)を選ぶ際の重要な項目が当

インプラント(人工歯根)を選ぶ際の重要な項目が当然あります。

まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかでしょう。

そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保障などを具体的にに説明している医院かどうかということです。

それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。
インプラント周囲炎という病気が存在します。この病気は進み具合によって二種類があります。
一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。
そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。

インプラント周囲炎の症状としては痛みや出血が生じたり、インプラントがグラグラしてきたりする事です。インプラントはどういう構造かと申しますと、歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯からなる3つの部位からなる構造です。

また、代表的なインプラント種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのものがあります。歯が抜け落ちた後、主に三種類の治療が選べれます。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジ治療は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

それに部位によって銀歯になる可能性があります。しかし、少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間とのメリットがあるのです。
聞きなれた入れ歯ではメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼能力が低いというデメリットがあります。最後になるインプラント治療は自由診療のため高額になり、手術がいるし埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、他の治療法より一番美しく、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。

インプラント治療には良い点と悪い点があるのです。
メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。

つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらには会話も弾むほどしゃべれます。

ではインプラントのデメリットは、値段が高いということです。で、手術が必要です。

また、メンテナンスをしないといけません。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。インプラントをずっと使い続けるためにもぜひとも忘れてはいけないチェックポイントがあります。

それは治療前に大変怖い歯周病治療をしておくこと。
そして次にインプラント手術後も歯医者さんの定期検診をしてもらことです。
しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりするとインプラント自体が抜けて取れてしまう恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加