歯周病とかで抜歯した後は、基本

歯周病とかで抜歯した後は、基本的に3つのやり方での治療が選択できます。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。
ブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。

加えて、部位によって銀歯になる可能性があります。
しかしながら、それほど違和感を感じず、手術不要というメリットがブリッジにあります。

入れ歯の方では、メリットはブリッジと似ていますが、なにか変な感じという違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという良くない点があります。では、インプラントはより金が掛かる自由診療で、手術する必要があり治療期間は比較的長くなるという欠点がそれぞれ存在しますが、他よりは審美性が良く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットなので、医院でも勧められえています。インプラント治療には当然メリットがありますが、反面デメリットも存在します。

まずメリットは強く噛めることが可能ということ。
次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。
それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。反対にデメリットの方では、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。

そして手術が伴います。

また、メンテナンスをしないといけません。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。
インプラントを愛用していくためにも当然に頭の片隅に入れた置きたいことがありますね。

それはインプラント埋入する前に、大変怖い歯周病治療をあらかじめ終わらせておくこと。そらから、埋入した後でもインプラント周囲のクリーニング(メンテナンス)をきちんと受けてチェックしつづけることになります。

もし放置やメンテナンスを怠るとインプラントが抜けてしまうこわ〜い病気なったりしますよ。

インプラント(人工歯根)をチョイスする大切なポイントがあります。

最初に技量のある歯科医師であるのかどうかが非常に大事です。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、それぞれのメリットとデメリット、費用や保証や治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。大変怖いインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。
この病気は進み具合によって二種類があります。まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じる周囲粘膜炎です。それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりが主な症状です。

インプラント構造は、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯からなる3つの部位からの構造としてできています。次にインプラントの種類はインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加