インプラントの歯科を選定する大事なポイ

インプラントの歯科を選定する大事なポイントは確かにあるでしょう。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターかどうかです。

またインプラントの治療以外の治療方法や、インプラント自体のメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックであるのかどうかです。それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。そもそもインプラントってどんなものかというと、人工歯根をそこの上に取り付ける支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位からなる構造です。次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの2種類です。
歯が抜けたあとは、3つのやり方で治す方法が選ばれることかと思います。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。ブリッジ治療は他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

それに付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。しかしそれほど違和感を感じず、手術不要とのメリットがあるのです。

入れ歯はメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという欠点などがあります。
最後の治療法の最近注目を浴びているインプラントどうしても他の治療法より高額で、外科手術がマストかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるんだけども、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、咀嚼能力も最も良いというメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラント治療法にはデメリットはありますが、当然メリットもあります。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

また異物感はないです。さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。

反対にデメリットの方では、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また、メンテナンスは必須な治療方法です。
さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。
インプラントをより長く愛用するためにぜひ脳裏に焼き付けてほしいチェックポイントがあります。インプラントする前に、とても怖い歯周病の治療をしておくこと。

次にいったんインプラント埋入後でも日頃の手入れや歯科医院のメンテナンスをしてもらことです。けど、定期的なメンテナンスを受けないでいると最終的にはインプラントが抜けてしまうというインプラントにありがちな歯周炎になったりします。
インプラント周囲炎という歯周病に似た病気があります。

この歯周炎は2つの病気に分類されます。
第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラントの周囲粘膜炎です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。

インプラント周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が次第に痩せてきたりが挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加