インプラント治療法には良い点と悪い点があります。

インプラント治療法には良い点と悪い点があります。メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。
そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。逆にデメリットでは、やはり高額な治療になることでしょう。そして手術が伴います。またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

そもそもインプラントってどんなものかというと、人工歯根をその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという3つの部位からなるものなのです。
また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラント専門の歯科医院をチョイスするポイントが当然ながらあります。まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるかどうかです。

次に、きちんと他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療期間や保証・そして費用などを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院か?です。それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。
インプラントを愛用していくためにも必ず知っておきたい内容があります。
インプラント治療開始前に大変恐ろしい歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。
つぎはきちんとインプラント治療後もメンテナンスをきちんと受診することです。万が一インプラント治療のみだけで、メンテナンスをしなかったらインプラントが抜け落ちてしますこわ〜い病気なったりしますよ。虫歯が抜けた後、治療方法には3つで行っていきます。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。

まず始めにブリッジの治療方法は健康な歯を削るなどして犠牲にします。
そして、はめる所により銀歯になります。
だが、治療期間も短期で、違和感も少ないとのメリットがあるのです。

入れ歯は良い部分はブリッジと近いですが、違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点などがあります。最後の治療法の最近注目を浴びているインプラント保険外の自由診療で手術がいるし長い治療の期間というデメリットがそれぞれ存在しますが、他よりは審美性が良く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあります。

インプラント周囲炎という歯周病に似た病気があります。
これは2つに分けられます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなるインプラントの周囲粘膜炎です。次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりする症状があげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加