虫歯が抜けた後、主に三種類の治療

虫歯が抜けた後、主に三種類の治療が選べれます。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。まずブリッジはやはり他の歯への影響があります。それと、はめる所により銀歯になります。しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いというメリットもあります。
次の入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、やはり違和感を感じやすく、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないというデメリットがあります。
最後になるインプラント治療では自由診療のため高額になり、外科手術をしなければならず長い治療の期間というデメリットがあるが、他よりは審美性が良く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラントの歯科選びのポイントが存在します。まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるのかどうかが非常に大事です。

次にしっかりその他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、費用・保証・治療期間などを具体的にに説明している医院かどうかも大事な選定ポイントです。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

インプラント治療はデメリットはありますが、当然メリットもあります。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。次に、健康の歯を削る必要がないことです。

そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。
また異物感はないです。
さらには会話も弾むほどしゃべれます。
逆にデメリットでは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。
そして手術が伴います。
また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。
さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。

長い間インプラントをしていくためにも、必然的に分かっておきたいポイントがあります。
インプラント治療の開始前に歯周病治療を医師に完全に治しておいてもらうことです。

次の二つ目はいったんインプラント埋入後でも定期的なメンテナンスをしっかり受けることです。

もし毎日の歯磨きや定期検診を怠るとインプラントが抜けてしまう嫌な病気になったりします。
インプラント歯周炎てものがあります。これは進行状態によって2つに分けられます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。

二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。
主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりすることです。

インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという主に三つの部位からの構造としてできています。また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの2種類です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加