インプラント歯周炎という病気が存在します。この歯周炎

インプラント歯周炎という病気が存在します。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラントの周囲粘膜炎です。

そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。

主なインプラント周囲炎の症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする事です。
インプラントの造りは、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位から出来上がる構造なのです。

インプラントの種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラント治療する歯科医院を選ぶポイントは確かにあるでしょう。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるかどうかです。

またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、費用や保証や治療期間などをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかですね。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。歯を抜いた後、主に三種類の治療になります。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

まずブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。
そして、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

だが、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットがブリッジにあります。
2つめの入れ歯治療ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットがあります。

最後になるインプラント治療は自由診療のため高額になり、外科手術がマストかつ治療期間は比較的長くなるという欠点がそれぞれ存在しますが、他よりは審美性が良く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラントを劣化させず長持ちしていくためにも必然的に忘れないでほしいことがあります。

それはインプラントの治療する前に、実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療を予め済ませておくことです。それから治療後でも積極的な定期検診をきちんと受診することです。
万が一インプラント治療のみだけで、メンテナンスをしなかったらインプラントが抜け落ちる事態に陥ってしまいます。そもそもインプラントは良い点と悪い点があります。

最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。次に、健康の歯を削る必要がないことです。
そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。
それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。さらにきちんとしゃべることが可能になります。ではデメリットの方では、値段が高いということです。割と大きな手術が必要な店です。
またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。
さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加