歯周病とかで抜歯した後は、治療方法には3つが選ばれ

歯周病とかで抜歯した後は、治療方法には3つが選ばれることかと思います。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。まずブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

それと、部位によって銀歯になる可能性があります。

だが、手術もいらず、治療期間もそれほど短いという良い点(メリット)があります。

2つめの入れ歯治療ではブリッジと同様程度のメリットですが、異物感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットがあります。

最後にインプラントでは費用が他よりも高額で、手術がいるし治療期間は比較的長くなるという欠点がそれぞれ存在しますが、やはり審美性が高く、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。ずっとインプラントを使い続けるためにも当然に知っておきたい大切なことがあります。それはインプラント埋入する前に、歯周病の治療をちゃんとしておくこと大事です。

そらから、インプラント手術後も日頃の手入れや歯科医院のメンテナンスを受診することですね。

もし放置やメンテナンスを怠ると突然インプラントがぽろっと抜け落ちる嫌な病気になったりします。

なりたくないインプラント歯周炎てものがあります。
この歯周炎は2つの病気に分類されます。

一つ目は周囲粘膜炎です。
二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。

周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりする症状があげられます。
インプラント治療にはデメリットもあり当然メリットもあります。まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

デメリットでは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

そして手術が伴います。また、メンテナンスは必須な治療方法です。

さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。インプラントのクリニックを選ぶポイントはやはりあります。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、治療期間や保証・そして費用などを具体的にに説明している医院かどうかということです。最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。インプラントの造りは、人工歯根をそこの上に取り付ける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という3つの部位からなる構造です。
インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加