インプラントの場合には良い点と悪い点があります。まずメ

インプラントの場合には良い点と悪い点があります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。ではインプラントのデメリットは、やはり高額な治療になることでしょう。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。

さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。

インプラント周囲炎という病気があります。
この歯周炎は2つの病気に分類されます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。
それから進行形のインプラント周囲炎です。

症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎が次第に痩せてきたりする事です。
インプラントを半永久的に持たせるためにぜひとも知っておかなければならない内容があります。インプラント治療の開始前に歯周病治療をきちんと完全に終了させておくことです。二点目はインプラントの治療・手術の後でもや日頃のお手入れクリニックの定期検診を受けることです。

けど、定期的なメンテナンスを受けないでいるとある日、インプラントが抜け落ちる事態に陥ってしまいます。

抜歯した後は、基本的に3つのやり方での治療が選択できます。ブリッジ、入れ歯、インプラントです。ブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

加えて、部位によって銀歯になる可能性があります。

しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いというメリットがブリッジにあります。
入れ歯はメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、異物感などで慣れず、咀嚼能力が大きく低下してしまうというデメリットなどをもっています。

最後の治療法のインプラント治療ではより金が掛かる自由診療で、外科手術必要でかつ長期の治療期間になるデメリットがありますが、審美性は抜群に高く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラントの構造はどういうものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという部品からなる構造です。
また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの二つがあります。

インプラントの歯科医院を選ぶポイントが当然ながらあります。
最初に技量のある歯科医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

またインプラントの治療以外の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、費用・保証・治療期間などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院か?です。最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加