インプラントというのは良い点と悪い点があるのです

インプラントというのは良い点と悪い点があるのです。最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。

次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。
そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにきちんとしゃべることが可能になります。

ではデメリットでいくと、費用が高いということです。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。
インプラントの造りは、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位からなる構造です。
また、代表的なインプラント種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの2種類です。

インプラントを長く埋入し続けるためにもかならず心にとどめておきたい大切なポイントがあります。それはインプラント治療前に歯周病の治療を予め済ませておくことです。

つぎは埋入した後でもメンテナンスを受診することが大事です。

万が一インプラント治療のみだけで、メンテナンスをしなかったらある日インプラントそのものが抜け落ちるインプラントにありがちな歯周炎になったりします。
とても嫌なインプラント歯周炎があります。これは二つの異なる歯周炎に分類されます。第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期のインプラント周囲粘膜炎です。
それから進行形のインプラント周囲炎です。周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりが主な症状です。インプラント治療する歯科医院選びのポイントはやはりあります。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるかどうかです。次にしっかりその他の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックであるのかどうかです。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。
歯が抜け落ちた後、概ね3つのパターンで治療があります。
インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジというのはどうしても健全な歯を削らなければいけません。
それに加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。
だが、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないとのメリットがあるのです。

聞きなれた入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいというデメリットがあります。最後になるインプラント治療では保険外の自由診療で外科手術必要でかつ長い治療の期間というデメリットがあるが、審美性は抜群に高く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加