インプラントをより長く愛用す

インプラントをより長く愛用するためにぜひ忘れないでほしい大切なポイントがあります。インプラント治療開始前に歯周病の治療をあらかじめ終了しておくことです。

次に、治療後でも毎日の歯磨きと定期的な検診をきちんとしてもらことです。

しかしながら、もしメンテナンスを放置すると最後にはインプラント自体が抜けて取れてしまうインプラントにありがちな歯周炎になったりします。

虫歯が抜けた後、3つのやり方で治す方法が選ばれることかと思います。

よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

まずブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。それに加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。でも、手術もいらず、治療期間もそれほど短いとのメリットがあるのです。

入れ歯ではメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、やはり違和感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという良くない評価があります。。3つ目に、インプラント治療法はインプラント自体が高額で、外科手術をしなければならず治療期間は比較的長くなるという欠点があるのだけれども、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。
インプラントというのは良い点と悪い点があります。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。それと他の歯を削らなくとも良いということです。
そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。さらには、インプラントは顎に埋め込むため、天然の歯と同様にしゃべることができます。

ではデメリットでいくと、インプラントそのものが高額です。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

またメンテナンスが大変です。さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。

インプラント治療をしている歯科医院をチョイスする大切なポイントは確かにあるでしょう。最初に技量のある歯科医師かどうかでしょう。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、治療期間や保証・そして費用などをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。

最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院なのかどうも特に大事な選定ポイントになります。
そもそもインプラントってどんなものかというと、人工歯根をその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位でできた造りになっているのです。インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。インプラント歯周炎があります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。
そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。

インプラント周囲炎での症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、インプラントがグラグラしてきたりが挙げられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加