歯を抜いた後、治療方法には3つ

歯を抜いた後、治療方法には3つになります。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。
まずブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。
それに加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。
しかし外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるなどのメリットがあります。聞きなれた入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、なにか変な感じという違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットなどをもっています。3つ目に、最近注目を浴びているインプラント費用が他よりも高額で、手術がいるし埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるが、他よりは審美性が良く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットなので、医院でも勧められえています。
長くインプラントを持たせるためにも、是非とも心にとどめておきたい大事なことがあります。

インプラント外科手術をする前にとても怖い歯周病の治療をしっかり終わらせておく事です。二つめはインプラントの治療した後でも適切な定期検診を受診することです。
万が一、歯を磨かずほったらかしていると最終的にはインプラントが抜けてしまうという嫌な病気になったりします。なりたくないインプラント歯周炎てものがあります。

これは2つに分けられます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。
二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。
症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。
インプラントの造りは、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位から出来上がる構造なのです。

また、代表的なインプラント種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの二種類が現在あります。
インプラント治療には良い点と悪い点があるのです。メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。反対にデメリットの方では、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。
またメンテナンスが大変です。
さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。

インプラント(人工歯根)を選ぶポイントが存在します。

最初に技量のある歯科医師かどうかです。

そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用や保証や治療期間などを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックか?です。

それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも非常に大切な選項目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加