インプラント構造は、チタン製の

インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品でできた造りになっているのです。

また、インプラントの種類にはインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二つがあります。歯を抜いた後、基本的に3つのやり方での治療が選べれます。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

ブリッジからいくと他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。
そして、部位によって銀歯になる可能性があります。
しかし、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットがブリッジにあります。

入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという良くない評価があります。

3つ目に、最近注目を浴びているインプラント自由診療のため高額になり、外科手術をしなければならず埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるんだけども、他よりは審美性が良く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラント治療法にはデメリットもあり当然メリットもあります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。ではインプラントのデメリットは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。
またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。

さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。インプラントの歯科医院をチョイスするポイントが当然あります。
まず初めは経験や実績のある医師であるかでしょう。次に、きちんと他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。

ずっとインプラントを使い続けるためにも100%といってもよいぐらい分かっておきたいことがあります。インプラントする前に、どんどん歯が抜けていく歯周病の治療を済ませておくことです。二つめはインプラントの治療・手術の後でも定期的な検診をきちんと受診することです。

もし放置やメンテナンスを怠ると突然インプラントがぽろっと抜け落ちる病気になったりします。インプラント周囲炎という歯周病に似た病気があります。

この病気は進み具合によって二種類があります。まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。それから進行形のインプラント周囲炎です。
インプラント周囲炎での症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。

おすすめインプラント治療サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加