歯が抜け落ちた後、3つのやり方で

歯が抜け落ちた後、3つのやり方で治す方法で行っていきます。
インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジからいくと他の健康な歯を削る必要があります。
それと、はめる所により銀歯になります。だが、治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットがブリッジにあります。

次の入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、どうしても違和感を覚えやすく、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという欠点などがあります。それから、インプラント治療法は自由診療のため高額になり、外科手術をしなければならず長期間の治療を生ずるというデメリットがありますが、やはり審美性が高く、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットなので、医院でも勧められえています。

インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という主に三つの部位からなるものなのです。
また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの2種類です。

インプラントを劣化させず長持ちしていくためにも当然に知っておきたい大切なことがあります。

インプラント治療の開始前に実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をしっかり終わらせておくことです。

それからインプラント治療後もインプラント周囲のクリーニング(メンテナンス)をしてもうら必要性です。

けどそのままケアをしなかったりすると突然インプラントが抜けてしまう恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。

インプラントの歯科医院を見極めるポイントが存在します。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるかでしょう。
そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、費用・保証・治療期間などを具体的にに説明している医院であるのかどうかです。

それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

インプラント治療には良い点と悪い点があります。最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

デメリットでは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。
で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。

また、メンテナンスは必須な治療方法です。さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。とても嫌なインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。これは進行状態によって2つに分けられます。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラントの周囲粘膜炎です。

そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。
周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎の退縮になったりすることです。

おすすめインプラント治療サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加