ずっとインプラントをしていくためにも、必然的に脳裏に焼

ずっとインプラントをしていくためにも、必然的に脳裏に焼き付けてほしい内容があります。

それはインプラントの治療する前に、様々な病原菌を作る歯周病治療をしっかり終わらせておくことです。つぎはインプラント治療後も定期的なメンテナンスを受診することです。

けれども、面倒くさいからといってメンテナンスを行わなかったりするとある日、インプラントが抜け落ちるインプラントにありがちな歯周炎になったりします。

歯が抜け落ちた後、概ね3つのパターンで治療で行っていきます。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。ブリッジ治療はやはり他の歯への影響があります。
加えて、はめる所により銀歯になります。しかし割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットもあります。入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、違和感があり、咀嚼能力が低いというデメリットがあります。

最後になるインプラント治療法はより金が掛かる自由診療で、外科手術がマストかつ埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるけども、やはり審美性が高く、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。インプラントの歯科選びのポイントはあります。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院か?です。

最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。

インプラント治療はデメリットもあり当然メリットもあります。
まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。次に、健康の歯を削る必要がないことです。
そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。反対にデメリットの方では、やはり高額な治療になることでしょう。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また定期的なメンテナンスが必要ということです。さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。なりたくないインプラント歯周炎という病気が存在します。

これは進行状態によって2つに分けられます。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期のインプラント周囲粘膜炎です。
二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。

インプラント周囲炎での症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりが挙げられます。インプラントの造りは、歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位からなるものなのです。インプラントの種類では人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプのものがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加