歯周病とかで抜歯した後は、主に三種類の治療が選

歯周病とかで抜歯した後は、主に三種類の治療が選ばれることかと思います。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。

ブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。

しかしながら、それほど違和感を感じず、手術不要といったメリットがあります。

入れ歯ではメリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、なにか変な感じという違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという良くない評価があります。

最後の治療法のインプラント治療はインプラント自体が高額で、手術がいるし長期の治療期間になるデメリットがあるが、審美性は抜群に高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあります。なりたくないインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。

これは2つに分けられます。第一にインプラントのその周りの炎症を起こす周囲粘膜炎です。
それから進行形のインプラント周囲炎です。

周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎の退縮になったりが挙げられます。
インプラント治療法には良い点と悪い点があるのです。メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。

また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。

デメリットでは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。
またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。

さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。インプラント専門の歯科医院を見極めるポイントが存在します。

最初に技量のある歯科医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。
次に、きちんと他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、治療の期間やトータルコストなどを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックか?です。それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。

そもそもインプラントってどんなものかというと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠からなる3つの部位から出来上がる構造なのです。
また、代表的なインプラント種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのタイプの種類があります。インプラントを長持ちさせるために当然に分かっておきたい大切なポイントがあります。

それはインプラント治療開始前に、他の歯に生じた歯周病治療をあらかじめ終わらせておくこと。

そらから、インプラント埋入した後でも定期的な検診をしてもらことです。

しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりするとインプラントが抜け落ちてします怖い病気になる可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加