インプラントを愛用していくためにもぜひとも知って

インプラントを愛用していくためにもぜひとも知っておきたい大切な項目があります。
それはインプラント治療を行う前に、実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をあらかじめ完全に済ませて置くことですね。
そして二つ目は治療後でも積極的に歯科医院のメンテナンスをしてもうら必要性です。
しかしながら、もしメンテナンスを放置するとインプラントが抜け落ちてしますなりたくない病気になってしまう可能性が生じます。
なりたくないインプラント歯周炎があります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。第一にインプラントのその周りの炎症を起こす周囲粘膜炎です。
それから進行形のインプラント周囲炎です。症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎の退縮になったりが挙げられます。抜歯した後は、治療方法には3つがあります。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。
まず始めにブリッジの治療方法は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。そして、部位によって銀歯になる可能性があります。

しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いとのメリットがあるのです。

入れ歯は良い部分はブリッジと近いですが、なにか変な感じという違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットがあります。

最後にインプラント治療はより金が掛かる自由診療で、手術する必要があり治療期間は比較的長くなるという欠点があるのだけれども、他の治療法より一番美しく、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。インプラント治療をしている歯科医院を選定する大事なポイントは確かにあるでしょう。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師かどうかです。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、治療期間や保障などを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院なのかどうも特に大事な選定ポイントになります。
インプラントの場合には患者にとってメリットとデメリットがあります。

まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。
そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

ではインプラントのデメリットは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。

また、メンテナンスをしないといけません。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。インプラントの造りは、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯との三つの部品から出来上がる構造なのです。また、インプラントの種類にはインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加