インプラントの構造はどういうものかというと、チタ

インプラントの構造はどういうものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠との三つの部品からの構造としてできています。また、インプラントの種類にはインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのものがあります。

インプラント(人工歯根)をチョイスするポイントが存在します。
第一に今までの症例数の多いクリニックかどうかです。またインプラントの治療以外の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかですね。それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかも非常に大切な選項目です。インプラント治療には良い点と悪い点があります。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。

そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。
また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。

反対にデメリットの方では、費用が高いということです。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。また定期的な健診がいります。さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。

ずっとインプラントをしていくためにも、一応ずっと心にとどめておきたいことがあります。

それはインプラントの治療する前に、歯をボロボロにしてしまう歯周病の治療を終了させておくことです。

つぎは治療した後でもインプラントの周囲の歯のお手入れといったメンテナンスをしっかり受けることです。
もしも定期検診などを怠ると人工歯根が抜け落ちるインプラントに起こりがちな歯周炎になったりします。
なりたくないインプラント歯周炎という歯周病に似た病気があります。これは進行状態によって2つに分けられます。第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期のインプラント周囲粘膜炎です。そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。主なインプラント周囲炎の症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が痩せ細ったりする事です。歯を抜いた後、3つの治療方法が選ばれることかと思います。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジ治療は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。それにはめる部位によっては銀歯にしなければいけません。

でも、治療期間も短期で、違和感も少ないといったメリットがあります。
入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点などがあります。最後になるインプラント治療はより金が掛かる自由診療で、外科手術がマストかつ長期間の治療を生ずるというデメリットがありますが、他の治療法より一番美しく、咀嚼能力も最も良いというメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加