インプラントというのはデメリ

インプラントというのはデメリットもあり当然メリットもあります。まずメリットは強く噛めることが可能ということ。

次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。

反対にデメリットの方では、費用が高いということです。で、手術が必要です。

またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。

インプラントの歯科をチョイスするポイントは確かにあるでしょう。

まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、治療期間や保障などをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。とても嫌なインプラント歯周炎という病気があります。これは二つの異なる歯周炎に分類されます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。

二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。主なインプラント周囲炎の症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。

インプラントを長持ちさせるために一応理解しておきたい大切なことがあります。それはというとインプラントをする前に、他の歯に生じた歯周病治療をちゃんとしておくこと大事です。つぎはインプラント埋入した後でもメンテナンスをしてもらことです。

もし毎日の歯磨きや定期検診を怠ると気が付かぬうちにインプラントがぽろっと抜け落ちるインプラント周囲炎の怖い病気になります。
歯を抜いた後、3つのやり方で治す方法が選ばれることかと思います。
インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。まずブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

それに加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

しかしそれほど違和感を感じず、手術不要といったメリットがあります。

入れ歯の方では、ブリッジと同様程度のメリットですが、異物感などで慣れず、咀嚼能力が低いという良くない評価があります。。最後の治療法のインプラントはより金が掛かる自由診療で、外科手術をしなければならず治療期間は比較的長くなるという欠点があるけども、審美性は抜群に高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。
インプラントはどういう構造かと申しますと、人工歯根をそこの上に取り付ける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯という3つの部位からなる構造です。

また、インプラントの種類には人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのタイプの種類があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加