インプラントはどういう構造かと申しますと

インプラントはどういう構造かと申しますと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根部の上にとりつける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品からなる構造です。また、代表的なインプラント種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのものがあります。

なりたくないインプラント歯周炎てものがあります。これは進行状態によって2つに分けられます。ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラントの周囲粘膜炎です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。
インプラント周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりする症状があげられます。インプラントをずっと使い続けるためにも100%といってもよいぐらいずっと心にとどめておきたい事があります。

それはインプラント治療前にいろいろな病気を生む恐れのある歯周病の治療をしっかりと済ませておくことです。

つぎは治療後でも放置しないよう歯科クリニックのメンテナンスを受診することですね。もし埋入しただけで後は放置しておいたりしていると人工歯根が抜け落ちる怖い病気になる可能性があります。
インプラントの場合にはデメリットもあり当然メリットもあります。まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。

さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。ではデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。

またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。
さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。インプラント専門の歯科医院を選ぶポイントが当然あります。

第一に今までの症例数の多いクリニックであるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

またインプラントの治療以外の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。抜歯した後は、治療方法には3つが選ばれることかと思います。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジというのは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。

そして、入れるとこによし銀歯になってしまいます。でも、手術もいらず、治療期間もそれほど短いとのメリットがあるのです。

聞きなれた入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、異物感などで慣れず、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという欠点があります。

最後の治療法の最近注目を浴びているインプラント保険外の自由診療で手術も必要となり長期の治療期間になるデメリットがあるが、他の治療法より一番美しく、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加