インプラント治療法には良い点と

インプラント治療法には良い点と悪い点があります。

メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。また異物感はないです。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。デメリットでは、インプラントそのものが高額です。で、手術が必要です。また、メンテナンスは必須な治療方法です。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。ずっとインプラントを使い続けるためにも必然的に知っておいてほしいチェックポイントがあります。

インプラント治療開始前に大変恐ろしい歯周病の治療をちゃんとしておくこと大事です。
それから二つ目ではインプラントの治療・手術の後でも積極的な定期検診を受けることです。

けど、定期的なメンテナンスを受けないでいると気が付かぬうちにインプラントがぽろっと抜け落ちるこわ〜い病気なったりしますよ。

インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部と人工歯根の上に取り付けられる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という部品でできた造りになっているのです。インプラントの種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラント(人工歯根)を選ぶポイントが当然あります。

まず初めは経験や実績のある医師であるかでしょう。

次にしっかりその他の治療方法や、インプラント自体のメリットとデメリット、治療の期間やトータルコストなどを具体的にに説明している医院であるのかどうかです。それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

とても嫌なインプラント歯周炎てものがあります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。

インプラント周囲炎の症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。虫歯が抜けた後、主に三種類の治療で行っていきます。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。

ブリッジ治療は他の健康な歯を削る必要があります。

そして、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。
しかし、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットがブリッジにあります。

2つめの入れ歯治療ではブリッジと同様程度のメリットですが、違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという良くない点があります。

最後にインプラントは保険外の自由診療で手術も必要となり長期間の治療を生ずるというデメリットがありますが、他の治療法よりも審美性が最も高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加