インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部とそ

インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品でできた造りになっているのです。
インプラントの種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントを長持ちさせるためにかならず理解しておきたい大切なことがあります。それはインプラント治療開始前に、他の歯に生じた歯周病治療を予め済ませておくことです。2つ目は埋入した後でも積極的な定期検診をきちんと受けてチェックしつづけることになります。
けど、定期的なメンテナンスを受けないでいると人工歯根が抜け落ちるインプラントにありがちな歯周炎になったりします。歯を抜いた後、3つの治療方法になります。インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。

まず始めにブリッジの治療方法はどうしても健全な歯を削らなければいけません。
また、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。しかしながら、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるという良い点(メリット)があります。
2つめの入れ歯治療では良い部分はブリッジと近いですが、やはり違和感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると欠点などがあります。

それから、最近注目を浴びているインプラントどうしても他の治療法より高額で、外科手術をしなければならず埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるんだけども、他の治療法より一番美しく、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあります。インプラントというのは患者にとってメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。
それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらには会話も弾むほどしゃべれます。ではインプラントのデメリットは、インプラント自体の値段が高いことが挙げられます。

そして手術を必要とします。
また定期的な健診がいります。さらには、医師の技量にもかかってくるため、治療中事故(医療事故)が生じないとは言えません。

インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントが当然ながらあります。

第一に今までの症例数の多いクリニックかどうかでしょう。次に、きちんと他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、費用や保証や治療期間などを具体的にに説明している医院かどうかということです。

それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。

大変怖いインプラント歯周炎という病気があります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。
ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。
症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が痩せ細ったりする症状があげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加