インプラント構造は、歯根部とその歯根の上部につけるア

インプラント構造は、歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位からなる構造です。インプラントの種類では人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの2種類です。

歯を抜いた後、主に三種類の治療で行っていきます。

それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。

それに場所によっては銀歯になります。しかし外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットもあります。2つめの入れ歯治療では良い部分はブリッジと近いですが、やはり違和感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると良くない点があります。

それから、インプラント治療法はインプラント自体が高額で、手術も必要となり埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるが、審美性は抜群に高く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットなので、医院でも勧められえています。
インプラント(人工歯根)を見極めるポイントがあります。まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。

そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、メリットとデメリット、費用や保証や治療期間などを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックか?です。

それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかも慎重に見極めなければなりません。
とても嫌なインプラント歯周炎という病気があります。
この病気は進み具合によって二種類があります。一つ目は初期のインプラント周囲粘膜炎です。

次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は痛みや出血が生じたり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。

インプラントというのはデメリットもあり当然メリットもあります。まずメリットは強く噛めることが可能ということ。
それと他の歯を削らなくとも良いということです。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。

さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

ではインプラントのデメリットは、値段が高いということです。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。

さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。
インプラントを劣化させず長持ちしていくためにも100%といってもよいぐらい頭の片隅に入れた置きたいポイントがあります。それはインプラント治療を行う前に、歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療をちゃんとしておくこと大事です。つぎは治療した後でも放置しないよう歯科クリニックのメンテナンスを受診することですね。万が一、歯を磨かずほったらかしているとある日インプラントそのものが抜け落ちる恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加